怪物くん騒がし部活

我が家のボーイズ、特殊能力ないけれど得体の知れない怪物くん。教育、健康、発育・発達・・・悩んで笑って、何がいいのかわからず奔走・迷走しながらきっと私、成長中。迷走ついでにオーストラリアにやって来た。

カーズ3

今日は怪物くん達と「カーズ3」を見てきました。



 えっ?なになになに?どいうこと?

最後のレースのシーンで理解も納得もできず
私は半分パニック状態で隣の兄ちゃんにツンツンして説明を求める。

そのレースで、トレーナーのクルーズ・ラミレスに途中からバトンタッチし
何とクルーズは最新テクノロジー満載のジャクソン・ラミレスをおさえ見事優勝。
電光掲示板にはクルーズと一緒にマックイーンも表示される。
 
 そうよ、マックイーンも走ったんだから一緒に優勝よ
 これでマックイーンの引退が取り消されてよかった

と一瞬安堵した。が、一方でこの終わり方になんか納得いかなかった。

でも家に帰って徐々に思うようになった。
このシーンはマックイーンが引退せよと突きつけられて引退するのではなく、
-自分の意志で引退し
-さらに自分の後継者を自ら指名する
-それもたくさんのファンの前で
というところにメッセージ性があるのではないかと。
自分の引退は自分で決めるというところはもちろん
大きなレース中に観客の前で身を引くという行動に私は徐々に感動してきた。
(ただ引退なのかどうかは私の英語力不足で確かじゃないの)

結果的にそのレースでクルーズと一緒に優勝したことになったけど
クルーズにバトンタッチする時にはそんなこと考えていなかった、
むしろ自分はレースを途中で降りたも同然くらいのつもりだっただろう。

もともとは引退回避のためにそのレースで勝つことが目的だったけど
自分のレーサー人生において何が大事かを考えた時、
自分が引退することになってもクルーズを後継者に指名することに
価値と自分の役割を感じたんじゃないかな、レース中に。
一緒にトレーニングしていくにつれクルーズなら安心して任せられる
とマックイーンも思いつつあっただろうし、
クルーズが自分に憧れてレーサーを夢見ていたとなればなおさらだったのかも。

マックイーンは、このレースの前にクルーズと参加したデモリッションダービーで
クルーズに負けた時点で引退を決めたんじゃないかと思う。
あとは時期とタイミングだけってところだったんじゃないかと想像してる。
きっとマックイーンだけで優勝していても引退しただろう。

世代交代という難しいテーマで切なくて寂しくて残念な思いもしたけど
カーズファンの子供はどんどん成長していくし親も年をとっていくのだから
マックイーンがもう中年レーサーになっていても当然で
一緒に年を取って来たんだなって思うと何か感慨深いものもある。
いつまでもキャラクターの年齢が変わらないものもあるけど、
こうやって一緒に年を重ねていることを思うと、
この世代交代というテーマと終わり方に納得がいくし、
もう一度見たらこの映画のメッセージをもっと受け取れる気がする。

カーズ1は兄ちゃんが2歳の頃DVDで見て、カーズ2は小学1,2年生の頃に
仲良しA君と一緒に映画館で見た。
A君のママからDVDをよくわけてもらったおかげで
ディズニーとかピクサー、ドリームワークスなどのDVDを怪物くん達はいっぱい見てきたし
私もそれらを見ながら子育てしてきた。
中でもカーズは再生回数1番か2番で私の怪物くん育ての乳幼児期編になくてはならない存在。
怪物くん達が少年になってもまだまだ楽しめる。
そう言えば仲良しA君一家がこっちに遊びに来てくれてからもう1年近くになる。
時の流れはほんと早い。カーズとはあっという間に10年の付き合いだもん、
マックイーンだって中年レーサーになるわけだ。
年取るのはこっちばかりでキャラクターの年齢はずっと変わらないものもあるけど、
こうやって私達と一緒にキャラクターが年をとっていくストーリーは何か感慨深いわ。
世代交代という難しいテーマで、切なくて寂しくて残念な思いもするけど
マックイーンの第二の人生やその仲間達の新しい生活も楽しみだ。
引退イコール終わりじゃないもんね。

日本も今月公開のようですね。
タイトルがちょっと違うみたいで。カーズ クロスロード?
なんでオリジナルのままカーズ3にしないんだろう~
数字はただつけられているんじゃないと思う。
1、2、3っていうのはホップ・ステップ・ジャンプってことで
段々大きく飛躍していくイメージあるところがミソなんじゃないかな。
最後は引退するんだろうなと思わせてるけど、
それはマックイーンの人生において大きな飛躍なんじゃないかな。
だから3のままでよかったように思うんだけどな・・・
たまに日本公開時のタイトルの付け方に納得いかないことがあります。

ところで4はあるのだろうか?

 途中寂しくなったけどまだ終わりじゃなくてよかったね

とは映画が終わって兄ちゃんが言ったこと。
兄ちゃんは続編がありそうな気がしてるようだ。
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村 にほんブログ村

パジャマパンツ送ります(製品情報)

前回の続きです。私がこの製品を気に入った理由でもあります。
drynites
対象サイズ、8~15歳、27~57kgが目安となっています。

小学生も高学年と思える二人がこっち向いて笑っています。
 
 誰だってたまにはしちゃうよね
 そんなこと心配しないでしっかり寝ようよ

って言ってるみたい。そんなパッケージデザインと
名前(ブランド名DryNites、製品名Pyjama Pants)が私のストライクゾーンど真ん中。

キンバリー・クラーク(Kimberly-Clark)という会社の製品で
この企業名にはなじみがないかもしれませんが
ティッシュペーパーをこの世に出した企業です。クリネックス(Kleenex)!
さらに日本の日本製紙クレシア株式会社との関係も深いようで
キンバリー・クラーク社に関係する製品が日常的に身のまわりにあるんですね~

あと赤ちゃんオムツ(Huggies)の世界シェアがP&Gに次いで2位。
そのハギーズはお隣り中国や韓国で売っているのを見たことがありますが
日本ではありません。
日本には自国企業の強いブランドがありますからね。だから未参入なのかな。
ただその日本市場に参入するというような記事を何かで読んだ記憶があるので、
今、あるいは今後はわかりません。

そしてこのパジャマパンツはDryNitesのホームページによると
オムツのハギーズより展開市場が狭くオセアニアとヨーロッパだけのよう。
同社には類似ブランドがあってそれはアメリカ、カナダ、メキシコ、アルゼンチンだけ。
韓国・中国はハギーズ販売国なのにパジャマパンツがないのは
もしかして東アジアでは、小学生も中頃になればおねしょはしないことになる、
正しくはおねしょは恥ずかしいことで公言しないっていう消費者心理がある、
だから販売が難しいのかなと勝手に想像しています。
日本でも売れるのにと思うけど、そうしたらお母さん達は隠れるように買うとか、
わざわざ地元じゃない店で買うとかしちゃうのかな。
外国人の友人が言ってました。なぜ、日本は生理用品を買う時、
隠れるように買う?透けない袋に入れる?その心理が理解できないんですって。
恥ずかしいことじゃない、それに関する製品を隠すように買う必要はないと思うけど・・・
なんかそうなっちゃってますね、たしかに。
パジャマパンツもそんなふうになっちゃうのかな・・・

話はズレましたが、DryNitesのホームページがまたまた私のストライクゾーンど真ん中。

膀胱を鍛えるとか水分摂取のコントロールとか医療にかかるとか
いくつかのおねしょ対処法があげられ、パジャマパンツはそのうちの一つとしつつ、
ティーンエイジャーでさえおねしょは珍しいことじゃないと言ってます。
ティーンエイジャーって13歳から。
兄ちゃんは10代だけどまだティーンエイジャーじゃない。救われました~

そして親の役割や子供への接し方があって、
それはおねしょに関係なく子育ての大事なポイントだと思うのですが
普段なかなか継続できないことなんですよね。
ホームページ見て反省しつつ部長として気を引き締めさせられました。

親は子供の人生において積極的かつ協力的な存在でいましょうと。
常に子供を尊敬し愛情表現をし、時間や興味、種々の活動や悩みを分かち合い、
いっぱい話し、落ち込んだりかなしんだりのサインを見逃さないようにしましょうと。

だからおねしょについても子供のプライバシーや自尊心を守りつつ一緒に克服する。
おねしょの片付けを親がしても、それは親の仕事であってしかも簡単なことだと子供に伝える。
怒ったりけなしたりしないのはもちろん、おねしょはその子の欠点じゃないと伝える。

幸せや成功を感じられるのは自尊心や自信を持ってこそだと言ってます。
おねしょごときで自尊心や自信をなくすなんてもったいない。
でもおねしょの不安を解消するツール(パジャマパンツ)を与えればいいってわけじゃなく、
日頃の親の適切な言動があって初めて いいおねしょ対策になるのだと思いました。

とにかく寝るのにおねしょを心配するなんて無駄無駄無駄。
そんなことより、おっきな夢をみましょうよと。

よろしければお送りしますので、qf22宛非公開メールからご連絡ください。
最初はどこか買い物代行サイトへの登録も考えましたが、手数料がかかってしまうので
海外に住む友達に頼む感覚で気軽に連絡いただければと思いました。
ただし、やり取りの中でお互い信頼できると思えたらですね。
費用は実費(パジャマパンツ代と送料、こちらでの交通費相当)を
後で国内口座に振り込んでいただこうと思います。
こちらでの交通費相当っていうのはおそらく発生しないと思います。
普段の買い物ついでで済むと思うので。
国際便送料は、1週間以内で届くようにするとA$30弱と思います。
2週間くらいみてもよければA$20くらいになると思います。
また1パックではなくパジャマパンツ1,2枚なら書類扱いで安くできるかもしれません。
パジャマパンツをパッケージから出す場合は清潔に掃除した部屋で手袋して作業します。

PyjamaPants

さて最後になってしまいましたが、プーさんにはかせてみました。
もっとサイズ感がわかる写真も撮りましたが、
なんかいやらしー感じに見えちゃうので載せるのやめました。

そして対象体重ギリギリの私がはいてみました。
今年1月の健診で約162cm,56kg,腹囲73cm。
私の体型ではおへその下7cmのところまできます。
睡眠時間含め12時間以上はいていましたが、特に問題なく普通に快適でした。
トイレに行くのに数回おろしたり引っ張り上げたりしましたから
引っ張り上げて側面の不織布がぐんと伸びたところに指でブサッと穴を開けてしまいましたが
そこから裂けてしまうこともありませんでした。
でも私より小さい体型の子供向けサイズだと思います。

ご要望があれば、もっと詳細部分の写真を撮りますし、国際便の料金も具体的に確認します。
以前の私のように悩み探しているお母さんのお役に立てればという思いで
思い切ってこの場でこのような告知をさせていただきました。
ご質問やご興味がある方はお気軽にご連絡くださいませ~
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村 にほんブログ村

パジャマパンツ送ります(おねしょ対策の思い出)

もうすぐ夏合宿やキャンプ、お泊りの季節ですね。そんな機会を控えてかおねしょに悩んでいるお仲間が多いのかなと思って考えたのですが、私がおすすめするパジャマパンツでよければ試したい方にお送りします。
drynites
思いました。皆さん、以前の私のように悩んでいらっしゃるのかな。
このブログのアクセス状況から、以前の私と同じように
あれこれ考えているママが少なくないことを想像します。

思えば兄ちゃんは昨年10月からおねしょしていません。
もう中1、これはもー完全なる卒業と思いたい。
兄ちゃんは小4までおねしょしてましたが、いつか治ると思い、
対処と言えば赤ちゃん時代に使ってたおねしょパットをシーツ下に敷いたくらい。
毎日のようにシーツやパジャマがびしょびしょでも紙パンツをはかせませんでした。
でも小3で初めて友達にお泊まり誕生日会に誘ってもらった時、
おねしょが心配で断わっこと、今でも残念に思ってます。

真剣に紙パンツを考え出した頃にはもう兄ちゃんサイズを見つけられませんでした。
そしてオーストラリアに来て4ヵ月が過ぎた2015年8月、
兄ちゃん小5で初めての学校キャンプ。ついに紙パンツを持たせる日がきたのです。
キャンプに行きたくないと言われるし、どうしよどうしよってバタバタ焦りました。
が、スーパーでそれらしき売り場に行ってみると当たり前のように陳列されていた。
最初に見つけた時はそれはそれはもー感動。
もちろんキャンプに持たせました。

本当に普通のスーパーで普通に売ってます。
右側の2列で上段が男子向け、下段が女子向け。
価格は時期や店によって違うけど、写真の場合で9枚入りでA$12。
1オーストラリアドルが88円として1パック約1060円、1枚約120円。

日本では見つけられなかったと最初に書きましたが、厳密に言えばありました。
夫からはこう言われたものです。

 いつかは治るんだし紙パンツするって言ってもキャンプとかたまにでしょ
 たまになら介護用でいいじゃん

ネットで必死に探す私の気持ちを夫にわかってもらえない。
介護用や女性のパンツ型生理用品をはかせる親御さんもいると聞きました。
でも私はそれを兄ちゃんにさせるのが嫌だったんです。

 おねしょするなんておかしいのよ
 だからもうどこにも売ってないでしょ

って言ってるような気がしたからです。
だから布団を濡らすのがわかっていても介護用や生理用の製品を
はかせる気になれなかったのです。
布団やパジャマが濡れることを予防するより、兄ちゃんの心を守りたかった。

もっと早くこの製品に出会っていれば・・・と思いました。
代わりに今ネットで昼夜探しているお母さんがいらっしゃるなら私が送るから!という気持ち。
兄ちゃんのおねしょに対する私の思い出で長くなってしまったので製品情報など続きは次に。
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村 にほんブログ村
いくつになったの?
世界時計