怪物くん騒がし部活

我が家のボーイズ、特殊能力ないけれど得体の知れない怪物くん。教育、健康、発育・発達・・・悩んで笑って、何がいいのかわからず奔走・迷走しながらきっと私、成長中。迷走ついでにオーストラリアにやって来た。

英語の先生のアドバイス受ける、読むのはこんなんでいいのか

今日は放課後、兄ちゃんと英語の先生とミーティングがありました。
volleyballnews
NAPLANの結果で心配になり英語の先生にアドバイスを求めていた。
今日がそのためのミーティングの日。
まずは、日頃の授業では面白いアイディアをよく発言するいい生徒だとお褒めの言葉をいただいて、
それから非常に細かい話になったけど、私の英語力の問題でよく聞き取れなかった。

ざっとな感じでは
●sentence structure
●grammar
●punctuation
を強化する必要があるんだと思う。

これからできることとして
●放課後、英語のドロップインに参加
放課後にドロップインと呼ばれる誰でも自由に参加できる英語とマスのクラスがある。

●朝のリテラシークラスへの参加
今まで知らなかったけど、ドロップインの朝版なのかな。
入れるかどうかわからないけど、来タームから兄ちゃんが入れるか担当の先生に聞いてくれるそうだ。

●リーディングを毎日15~30分

リーディングは小説でなくてもよい、新聞もOK、ただしプリントされたものであること。
そして、兄ちゃんが関心のある内容であること。

今まで言われ続けてきたことだわ。ただ最近、飴とムチ作戦をしていた私。
コナンやハイキューを読みたいだけ読んでいいよ~読みたいだけ買うよ~とする代わりに
私が選んだ本を読ませている。ある意味無理やりだ。ただ読んでる気配ゼロ。
コミック読むのはそのまま続けるとして、もう少しセンテンスが長いものを読まないといけない。

ミーティング前は兄ちゃんから

 ママは何も喋らなくていいから、黙っててよ、後で教えるから

と言われていた。私の英語が恥ずかしいらしく毎度そう言われる。
兄ちゃんのいう通り、先生に失礼にならない範囲で黙ってましたよ。

けどミーティング後、じゃ教えてちょうだい、ってことになったら
 
 今みたいにママが無理やりこれ読めっていうのはダメだってことだったよ

は?それだけかい?
先生が話した内容はそれくらいだと言い張る。
ちょとさー、もっと色々喋ってたじゃん。いくら何でもわかりますかから。
先生からリーディングはどう?と聞かれてboringと答えてたじゃないか。
ちゃんと全部細かく教えてよ、あったまきちゃうよね。

夕食時に、やっとこさ兄ちゃんから聞き出し整理したところ
放課後のドロップインに出ること、リーディングを続けることが日常ですぐでき、かつ大事ってことだ。

リーディングは1年生の時からずーっと言われ続けているとはいえ、
重要だと再確認したこと、さらには私が本を決めて読め読めいうのはやめようと思えたことはよかったし、
次タームは朝のリテラシークラスで勉強できるかもしれないことにもなってよかった。
ドロップインも今まで私に言われただけじゃなかなか出なかったけど、先生に言われちゃ出るしかないっしょ。

ってわけで、早速今晩読ませたのが写真のもの。短い。こんなんでいいのか?
まーでも、初めて知った単語が2つあったらしいし、
バレーボールがどう生まれたかも知ったし、いっかー
あとは、今日初めて知った2つの単語を今後できるだけ早いうちに実際に使っておくれ。
今は寝ても覚めてもバレーボールだから、バレーボール関係のニュースをプリントしながら何かいい読み物を探そう。
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

ステーキ屋、お肉のこと

昨日は以前から気になってたアウトバックステーキハウスで夕食にしました。超贅沢してしまいました。
steak1
昨日は昼くらいから疲れを感じ何もやる気なし~。
そういう日がたまーにあって、そんな日、私は家事放棄する。
私の機嫌まで悪くなってきたことを察知した夫が昼食準備し
夜はアウトバックステーキハウスに行こうと言ってくれた。

たしかアメリカの会社よね。日本にもあるけど、
たぶん今まで行ったことないと思うから昨夜が初めてだったはず。

夫が最初で最後になるかもしれないから写真撮っておけと。
結論からすると夫的には最初で最後になったと思う。
日本の1000円のペッパーランチの方がずっといいそうだ。

家でオージービーフ焼いても、うーん、なんか、イマイチ。
まずくはないけど、お肉食べたい!って思ったその欲求は満たされない。
こちらでビーフっていえば赤身で硬い。
きっとオージーは噛みごたえある食感が好きなんだと思う。
そういうのもたまに美味しいって思うけど
やっぱ脂がのった柔らかくてジューシーなお肉が食べたいわ。
日本だと特に和牛ってなってなくても適度に脂がのって柔らかいのにな。
そして私は日本のが好み。私の料理にもそういう肉の方が合うし。

でも、こちらでもオーストラリア産のWAGYU、そう和牛があるのだ。
価格はやはり高め。それでやっと日本で普通に買ってたお肉、特売で買ってたお肉と同じかな。
けど、韓国系のお肉屋さんに見るからにおいしそうな霜降りの和牛を見つけている。
日本でも高級扱いになるような感じで、だけど高くて今の私達にはまだまだおあずけですかね。

それでも私は夫ほど残念感はなく、たまに家で焼きたいと思うし、
昨日のお店にもまた行きたいと思う。
サービスはいいし、夫はビーフステーキ以外を頼めばいいんだからさ。
けど、かなり贅沢になるから、やっぱなかなか行かれないか。

最初の写真が私が注文したOUTBACK SPECIAL。
サーロイン250g、焼き方ミディアム、サラダとベイクドポテト付きで$27.95。
奥に写ってるバーガーが怪物くん達のROARING FORTIES BURGER、
フライドポテト付きで$19.95。

旦那はこれ、VICTORIA’S FILET。
steak2
フィレで225g、焼き方ミディアム。サラダと野菜グリル付きで $36.95

ステーキはいつも失敗するからとサーモンのグリルを頼もうとする夫に
やっぱここはビーフステーキでしょう~と私がすすめた、それなら一番高いのにしてみればと。
一番柔らかくてジューシーと書いてあった。
夫はそれでもやっぱりこうなるか~と思ったとようだけど、兄ちゃんは美味しいと言ってた。

ここが特別高いんじゃなくて、シドニーは全般的に物価が高い。
だから外食ほとんどしません。日常でかなり節約してます。
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

NAPLAN、英語の先生に相談することにしました

先月半ばにNAPLANの成績が自宅に届き、兄ちゃんの英語については何かしなければとずっと思っていたので今日やっと英語の先生にアドバイス欲しいとメールしました。

「NAPLAN」はY3、5、7、9受ける全国一斉テスト。
National Assessment Program – Literacy and Numeracyの略。
読み書き計算の能力評価で科目は4つ。
Reading、Writing、Language Conventions(Spelling、Grammar&Punctuation)、Numeracyだ。
兄ちゃんは今年7年生だから、5月に試験受けて3ヵ月後に結果が届いたというわけ。

結果は科目ごとに上のスコアから下までの幅が帯状になっていて
その帯の上に、中間6割の生徒の幅が示され、
国平均、学校平均、兄ちゃんの結果がポイントされている。

兄ちゃん、全教科が中間6割に入ってるけど全て学校平均よりは低い。
得意なはずのNumeracyもそう。
さらに他は、つまり英語は、Language ConventionsのGrammar&Punctuation除き全て国平均より下。

やっぱ、英語がダメだぁ~
日本にいた時も英語が仲良しママ友のお子さんよりかなり低かった。

結果に同封されていた学校のレターにはこう書いてある。
●結果は学校のアセスメントと合わせ生徒それぞれの知識とスキル向上のための最良策を考えるのに役立てる
●結果は現在の達成度合いを示したに過ぎず、NAPLANは生徒が将来的にアカデミックな部分がどのくらい成長するかを予想するために設計されているわけではない

何も悩むことないとわかってるけど将来が心配になるなら、
家庭でもサポートするのに結果を役立てなくちゃいけないよね。

英語が苦手っぽい兄ちゃんだけど、前タームの英語の授業ではTEDでクラスで一番になった。
兄ちゃんは上中下で言えば中レベルのクラスだから
上のクラスを考えれば学年で一番ってことじゃないけど、結構スゴイと思う。
スピーチの内容を私は全く知らないんだけど、
兄ちゃんが言うには、原稿を持たなかったのは兄ちゃんだけ、
そして最も空間を広く使ってスピーチした点が評価されたらしい。
そう、兄ちゃんはスピーチが上手だと思う。以前からそんな気がしてた。
けっこうユニークなアイディアもある。
せっかくアイディアを持っている、そしてスピーチが得意。
なら部長としては、その部分をもっと伸ばしてあげなくちゃいけないでしょう。
もっと適切で、わかりやすくて、人の心を動かせるような言葉を使えるようにしてあげたい。
だから、英語力、伸ばしたい。学校平均にいきたいね。

昨夜思い切って英語の先生に相談メールした。
今日の夕方電話くれて来週月曜の放課後に会って話すことになった。
1ヵ月近く悶々としてたから、これでやっとTo doリストにチェックした感があるけど、
先生にメールして終わった気分じゃダメね、これからこれから。
まずは月曜日に先生の話を聞こう。

ところで、NAPLAN。
シドニーやメルボルンなどの大きな都市はスコアが高いらしく
たいていの学校が全国平均より上になるそうだ。
あと、オーストラリアでは学校のランキングがよく出るんだけど
ランク付けのポイントの一つにこのNAPLANの結果がある。
だから、テストの日は休んでくださいと言われる生徒がいるとか。
つまりNAPLANを受けないでくださいということ。
生徒の平均スコアを下げないためにそんなことする学校が実際あるらしい。

渡豪1年以内の生徒や学習するのが困難だったり障害があったりする生徒は
テストが免除される場合があるらしいけど、
国としてはすべての生徒が受けることを奨励しているそうで
怪物くん達が通っている学校は皆受けているようだ。

何を言いたいかというと、日本だけじゃないと思うけど、私達の感覚だと、
海外留学とかで学校を選ぶ時、その時の移住地も関係するとは言え、
スクールランキングを判断材料にすると思うのだ。
オーストラリアならこのNAPLANのスコアを参考にするかもしれないけど
NAPLAN受験には少なからずそういうことがあるみたいだから
ランキングや試験のスコアより、実際足を運んで学校を見たり、
カリキュラム内容を考慮したりすることの方が大事だと思うってこと。
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
いくつになったの?
世界時計